2018年11月08日

あいおばあちゃまが虹の橋を渡りました

猫又、もしくは我が家の電波猫こと、あいばっさまが虹の橋を渡りました。
P1140597.JPG

日が明けて8日、夜中の2時頃には弱いけれど呼吸していて、6時に起きて見に行ったらもう召されていました。

実は前日、いよいよかも知れないなと朝まで徹夜して様子を見ていた。
何度も行き倒れスタイルになっては私をハッとさせる。あれっと思って撫でると、ナント、すっくと立ち上がるというミラクルを連発していたばっさま。

変な話だけれど、こんなお別れも、何だかあいちゃんらしいなと思った。さすが電波猫。

我が家初の長毛種。

やってきたのは2014年12月1日夜。
病院に併設されたペットホテルに置き去りにされた4頭の内の1頭。2頭をキャッツママさんが預かり、息子さんの運転する車で、我が家に連れてきてくれた。

当時で既に13才以上とのことだったが、見た感じもう15才くらいではないかと思った。高齢猫で目も悪く、耳は聞こえていないようだった。

最初はだいぶヨボついていたあいちゃんであったが、うちのレオンさんを追っかける事に喜びを見いだして(なぜなのか結局不明)、めきめきと若返った印象。

長生き猫特有の達観した感じが備わっており、どう言えばいいのか、何もかも、本当に不思議で、でも最高に魅力的な猫だった。

去年から「ウワーン」という大きな声、俗に言う「鳴きわめき」が続いていたが、今年に入って認知症の症状も出て、くるくると回り出して止まらなくなったりしていた。
でも食欲はとてもあり、なんだかんだあっても元気だった。もはや猫又やなと笑ったものだった。
甘えん坊のご長寿猫にしてそのふるまい、フリーダム。

ところがトイレを初めて失敗した先月、10月26日金曜日の夜から、急にガタッと様子がおかしくなった。

P1140899.JPG

そこからそうやって、行き倒れスタイル、からの、すっくと立ち上がり(これは本当に可愛くて面白かった)を何度も経て、呼吸も次第に弱まっていき……

あいちゃん
うちに来てくれてありがとう。

長毛種の魅力が初めてわかったよ。
そして長生きしてくれてありがとう。

向こうでレオンさんに会っても、追いかけ回しちゃだめだよ。

 
posted by おやっさん at 07:27| 未分類